専業主婦でも借りれるキャッシング

主婦が借入れできる方法

急にお金が必要になった時、あなたはどうしますか? テレビCMで、良く見る消費者金融はすぐに用立ててくれそうなイメージですが、いざ慌てて駆け込んでみても、パートもしていない専業主婦の場合は、旦那の同意書、収入証明書などの書類がないと、相手にもされません。これは、2010年6月に総量規制という法律ができて、主婦の借入が難しくなってしまったからなのです。ただし、総量規制という法律には例外もあって、銀行のキャッシングなら、その対象にならず、自分自身の身分を証明するもの、例えば運転免許証や健康保険証などがあれば旦那に内緒で借入ができるのです。銀行のカードローンは安心・安全で、インターネットで簡単な入力を済ませ、最寄の銀行へ行き、ATM窓口から手続きをすれば、その場で簡単にカードが発行されて、すぐに借り入れができるというメリットがあります。銀行によっては、専任の女性スタッフが居て、親切かつ丁寧に説明をしてくれるので、初心者も安心して借入ができるのでおすすめです。